〒816-0955 福岡県大野城市上大利5-3-11

092-595-1381
ACCESSHOME

大野城市 歯医者 歯科 インプラント 小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科

HOMEスタッフ紹介医院案内診療案内設備紹介アクセス

インプラント implant

HOME»  インプラント

インプラントとは

はじめに

はじめに

人は永久歯を失うと、残念ながらもう二度と歯は生えてきません。

「噛む」ことは私たち人間にとって、とても大切な行為です。
人は生きるためにエネルギーを必要とします。そのために人は食物からエネルギーを摂取しています。

食物を噛んで食べるということは、食物を切ったり、磨り潰したりしているということです。しっかり噛むことは消化がよくなり、唾液が分泌されます。この唾液はでんぷんを分解したり、発がん性物質を溶かしたりと様々なメリットがあります。

また、しっかり噛むことで、「成人病予防」「脳の活性化」「運動器官機能向上」など様々な効用が言われています。繰り返して言いますが、「噛む」ことはとても大切な行為なのです。

しかし、歯を失ってしまうと、その「噛む」ことが困難になってしまいます。従来では「入れ歯」「ブリッジ」という治療法が主流でしたが、共に「歯があった頃みたいにしっかり噛める」というレベルには達せませんでした。

その問題を解決してくれたのが、「インプラント」でした。このインプラント治療は歯を失った部分に人工の歯を埋め込む治療法で、従来の入れ歯やブリッジよりも、より自然の歯に近い「噛める喜び」を手に入れることができます。

歯を失うということは、同時に楽しい豊かな生活も失われてしまうと言っても過言ではありません。一度失った噛む喜びを与えてくれると同時に、明るいライフスタイルを築いてくれるのが、このインプラントなのです。

インプラントとは

インプラントとは

インプラントは医学用語では移植するという意味を持ちます。
歯科用インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根のことです。歯科用インプラントの主流は純チタンかチタン合金で出来ています現在使用されている歯科用インプラントの多くはチタンで出来ています。
また、チタン表面をハイドロキシアパタイト(骨の成分に近いもの)で被覆したものもあります。チタンは歯肉や骨との相性が良く、また、顎の骨にしっかりと結合します。天然歯の歯根に相当するインプラントが、顎の骨にしっかり固定されることで、天然歯の歯冠(歯の部分)に相当する人工歯が、安定して装着されることになります。

人工歯は金合金やセラミック、硬質レジン(人工樹脂)で噛み合わせを調整してオーダーメイドで作られますので、天然歯のような見栄えだけでなく、これまでの入れ歯やブリッジでは満足することが難しかった“食べる・話す”という機能も回復できるのです。

Page Top

従来の治療法とインプラントの比較

歯を1本失った場合

【従来の治療法】
周りの健康な歯を削ってブリッジにします。

形成前
形成前

→

形成後
形成後

→

ブリッジをSET
ブリッジをSET

【インプラント】
健康な歯をまったく削ることなく、歯の無い部分にインプラントを埋入します。

インプラントを埋入
インプラントを埋入

→

アバットメントをSET
アバットメントをSET

→

インプラント上部構造のSET
インプラント上部構造のSET

歯を数本失った場合

【従来の治療法】
入れ歯を固定するため健康な歯にバネをかけます。違和感があり、バネをかけた歯に負担がかかります。

装着前
装着前

→

装着後
装着後

【インプラント】
歯の無い部分にのみインプラントを埋入しますので、健康な歯に負担をかけません。

インプラントを埋入
インプラントを埋入

→

アバットメントをSET
アバットメントをSET

→

インプラント上部構造のSET
インプラント上部構造のSET

歯を全て失った場合

【従来の治療法】
総入れ歯を作製し、歯肉と吸着力で支えています。噛む力が弱く、食べ物が内側に入って痛かったりします。

レジン床
レジン床
保険診療で作成可能。
真っ二つに割れることもある。
壊れやすい。
金属床
金属床
自費診療。薄い。違和感が少ない。
味が分かりやすく、熱も伝わりやすい。

【治療イメージ(インプラント埋入し固定の歯を入れる場合)】
インプラントが顎の骨にしっかりと固定され、ガタつきが無く、安定します。

最低4本から6本のインプラントを埋入する。
最低4本から6本のインプラントを埋入する。

→

固定式のインプラント上部構造をSET
固定式のインプラント上部構造をSET

【治療イメージ(インプラント埋入し取り外しの義歯の維持として利用する場合)】

インプラントに義歯固定用のバーを接続。
インプラントに義歯固定用のバーを接続。

→

義歯を装着。可撒式。
義歯を装着。可撒式。
Page Top

インプラント治療の流れ

1.診査・診断・治療計画
↓

インプラント治療に必要な診査を行い、治療が可能かどうかの診断を行います。治療可能な場合は、患者様と相談しながら治療計画を立てます。

2.インプラント埋入手術
↓

インプラントを埋入する部位の歯肉を開き、顎の骨にインプラントを埋入します。
インプラントが骨にしっかり結合するまで約3ヶ月程度待ちます。
(この間、必要に応じて仮歯を入れますので、日常生活に差し支えありません。)

2.インプラント埋入手術

3.アバットメントの接続
↓

人工歯を支えるためのアバットメント(支台部)をインプラントに接続します。
(歯肉が治癒するまで約3週間待ちます。仮歯あり。)

3.アバットメントの接続

4.人工歯の装着
↓

歯を作製するためにお口の中の型を取ります。
作製した人工歯をアバットメント(支台部)に装着して完成です。

4.人工歯の装着

5.メンテナンス

インプラントの形や特徴をよく理解した上で、担当医の指導に従ってブラッシングを行い、歯垢や歯石の沈着を防ぎます。
歯を長持ちさせるために、定期的な担当医の検診を受けることをおすすめします。

Page Top

当院使用のインプラント

オペ風景

当院では、ストローマン社、ノーベルバイオケア社のインプラントを使用しています。
ストローマン社は、世界のインプラント市場でナンバー1のシェアを持つインプラントメーカーで、精密機械産業が盛んなスイスのバーゼルを本拠地とし、インプラント歯科学、修復歯科学、口腔組織再生の領域のグローバルリーダーです。
現在では世界70か国以上に歯科用インプラント関連製品を提供しているグローバル企業です。世界で500万人以上の患者さんがストローマンインプラントによる治療を受け、1,400万本以上のストローマンインプラントが患者さんの治療に使用されています。
ストローマン製品の高い品質と信頼性は、50年にわたる研究開発と充実した検査体制のもと、学術的に裏付けられています。
ノーベルバイオケア社のインプラントはスウェーデンのブローネマルク博士が世界ではじめて開発したもので、現在では世界で200万人以上の方が使っています。世界トップシェアを誇るインプラントメーカーで、口腔内が狭い日本人にも最適です。最も高いシェアを持つインプラントメーカーで、40年以上の歴史を持っています。この実績はノーベルバイオケア社だけで、現在でも特別な問題もなく多くの国で使用されています。

ストローマン社

>>ストローマンについてはこちら

  1. 1.世界シェアトップクラス!シェア率の高さは信頼の高さとも言えます。
    世界70ヶ国以上、500万人以上の患者さんが、ストローマンインプラントによる治療を受けています。1400万本以上のストローマンインプラントが治療に使用されていて、世界のインプラント市場でトップクラスのシェアを誇ります。

  2. 2.科学的根拠(エビデンス)に基づいたインプラント
    ストローマンインプラントは、その優れた製品特性および長期的な安全性を示す豊富なエビデンスにより、世界中で高い信頼を得ています。国際的非営利学術組織であるITI(International Team for Implantology)の協力によって、学術的に検証された製品を提供しています。

    International Team for Implantology(ITI)とは
    ITIは、世界最大のインプラント歯学に関する国際的非営利学術組織です。ITIは、インプラント歯学および口腔組織再生分野における研究・開発・教育を通じ、患者さんの利益を追求しています。また、臨床研究や製品評価などにより、ストローマン製品開発への協力を行っています。

  3. 3.長期的な臨床研究による裏付けがある
    世界には100以上のインプラントメーカーがあり、様々なインプラントを生産していますが、長期的な臨床研究が行われているインプラントは非常に少なく、学術的に検証されていないインプラントが多数存在しているのが事実です。 ストローマンインプラントは治療後5年および10年の長期的な臨床データがあり、確かな安全性が立証されています。

Roxolid® SLActive®インプラント
Roxolid®は、純チタンよりも高強度であり、他のチタン合金と比べて、より優れた骨結合を可能にする成分を持ったチタンとジルコニウムを配合しています。
従来より疲労強度において24%向上しており、骨結合にかかる期間は約半分にまで早くなっています。Roxolid® SLActive®インプラントは強度のみならず早期治癒を考慮し開発されたストローマン独自のものです。

>>Roxolid® SLActive®についてはこちら
 

ノーベルバイオケア社

>>ノーベルバイオケアについてはこちら

  1. 1.簡便で迅速な治療法
    当院で使用するノーベルバイオケアのインプラントは、迅速かつ簡便な術式で埋入できます。

  2. 2.優れた適合性、自然な調和
    インプラントにノーベルバイオケアのオールセラミック・クラウンを装着して、自分の歯と自然に調和する新しい歯を手に入れることができます。

  3. 3.食べたいものを我慢することはありません
    インプラントは天然の歯根と同じように機能しますので安定性が高く、好きなものを安心して食べることができます。

  4. 4.笑顔に自信がもてます
    ノーベルバイオケアのオールセラミック・クラウンには金属が全く使用されておらず、自然な仕上がりになります。

  5. 5.若々しさを保つ
    歯を失うと顎の骨が痩せてしまい、歳をとって見えることがあります。
    インプラントは、若々しい容貌を保つためにも役立ちます。

  6. 6.長期安定性の高いソリューション
    ノーベルバイオケアのオールセラミック・クラウンは、通常、生涯を通して使用することができます。

ブローネマルクインプラント

ブローネマルクインプラント

1965年から使われ始めた、世界で最も古いインプラント。40年を超える症例実績があり、最も信頼性が高いとされています。直近の30年間で約60万人の方がこのブローネマルクインプラントを使った治療を受けており、ほとんどの症例で成功を収めています。幅広い症例に対応できるのも大きな特徴のひとつです。

>>ブローネマルクインプラント形態についてはこちら

ノーベルリプレイスインプラント

ノーベルリプレイスインプラント

リプレイスインプラントは値段も安く、短めのインプラントの為、骨の厚みや高さが少ない場合が多い日本人に向いているインプラントです。

>>ノーベルリプレイスインプラント形態についてはこちら

ノーベルアクティブインプラント

ノーベルアクティブインプラント

コルクの栓抜きのような独自のスパイラル形状ですので、埋入中に骨に食い込み続けます。
インプラントの維持安定に重要な初期固定を得やすいインプラントです。

>>ノーベルアクティブ形態についてはこちら

Page Top

インプラント埋入のシュミレーション

ノーベルクリニシャンを使用し、3D画像による審査と治療計画を行います。

・補綴修復の観点からのインプラントの検討が可能
・総合的な診査が行えて治療の安全性と予知性を向上
・複数の専門分野間の連携およびスムーズなコミュニケーションを促進
・治療法の評価および患者様に対しての説明ツールとしての利用効果
・治療プロセス全体にわたるシームレスなワークフロー


インプラントシュミレーション1シュミレーション2

修復ニーズを満たす予知性

補綴主導で治療計画を行って、支台とするインプラントを検討できます。

3D画像表示

解剖学的構造、補綴要件、およびインプラントの計画位置を視覚化できます。

アシスタント機能によるサポート

アシスタント機能が、デジタル・ワークフローを順序に沿って説明します。

>>ノーベルクリニシャンについてはこちら

カンファレンス

インプラントセミナー講師もつとめる柴原清隆先生との症例検討会

検討会では、術前診断を元に綿密な治療計画を立て、その上で患者様に合った術式を選択し、執刀医を決定します。

Page Top