〒816-0955 福岡県大野城市上大利5-3-11

092-595-1381
ACCESSHOME

大野城市 歯医者 歯科 インプラント 小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科

HOMEスタッフ紹介医院案内診療案内設備紹介アクセス

歯周病 perio

HOME»  歯周病

歯周病とは

歯周病とは

むし歯が歯そのものの疾患であるのに対し、歯周病は歯の周りの組織(歯根膜、歯茎、歯槽骨など)の疾患です。
最初は歯肉の軽度の出血や腫れにはじまり徐々に進行し、歯が少しずつグラグラしはじめ最終的には抜け落ちてしまう恐い病気です。
歯周病は歯の表面につくプラーク(歯垢)とそれが固まってしまった歯石によって起こります。
歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎と、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎のふたつに分けられます。
世間一般で言われている歯槽膿漏は、成人性歯周炎を言いますが歯周病には、その症状、病態によっていろいろな種類があります。
現在、国民の80パーセントの方が歯周病にかかっていると言われています。一度、歯科医院での検診をおすすめします。

Page Top

当院の歯周病治療

当院では歯周病に熟知した医師が治療を行います。

当院の院長、岩谷浩史は、日本歯周病学会認定歯周病専門医、及び日本臨床歯周病学会認定医で、歯周病について日々研鑽を積んでいます。
さらに、歯周病先進国アメリカにも積極的に足を運び、アメリカ歯周病学会インターナショナルメンバーの一人でもあります。
このアメリカ歯周病学会は世界最高の治療レベルを誇る学術団体です。歯周治療のみならず、インプラント治療などにおいても常に世界の歯科医療をリードしています。

ここまで、歯周病にこだわるのは、やはりどんなに立派な処置を施しても、その根源となる歯周組織がしっかりしていないと無駄になってしまうからです。

歯を失ってしまう原因の大半は歯周病が関与しているといっても過言ではありません。
安心して、食べ物を噛んだり、会話をしたりするのも健康な歯周組織が必要不可欠です。

歯周病は自覚症状が無いまま、進行していく恐い病気です。
お気軽にご相談下さい。

日本歯周病学会 専門医

日本歯周病学会 専門医

日本歯周病学会は、歯周病を克服することにより自分の歯を1本でも多く残すことを目的に 1957年に設立された学術団体です。
会員の構成は大学の臨床講座の会員以外に、基礎講座および開業歯科医の会員、加えて歯科衛生士の会員の比率が多く、歯周病という疾患の病因、病態や治療法の多様性を強く反映しています。

>>日本歯周病学会はこちら

日本臨床歯周病学会 認定医

日本臨床歯周病学会 認定医

日本臨床歯周病学会は、歯周治療の研鑽を通じて歯科臨床の向上に努め、国民の健康、福祉の増進に寄与することを目的としている学会です。

著名な歯周治療の臨床医をなどの会員を擁し、研究発表や講演会などの開催、機関紙等の発行、内外の関係学術団体や歯周治療医との連絡および提携などさまざまな活動を行っています。

>>日本臨床歯周病学会はこちら

日本臨床歯周病学会 認定歯科衛生士

日本歯周病学会 認定歯科衛生士

日本臨床歯周病学会は、歯周病を克服することにより自分の歯を1本でも多く残すことを目的に 1957年に設立された学術団体です。
会員の構成は大学の臨床講座の会員以外に、基礎講座および開業歯科医の会員、加えて歯科衛生士の会員の比率が多く、歯周病という疾患の病因、病態や治療法の多様性を強く反映しています。

>>日本歯周病学会はこちら

アメリカ歯周病学会(AAP)インターナショナルメンバー

アメリカ歯周病学会(AAP)インターナショナルメンバー

アメリカ歯周病学会(AAP)とは歯周病に焦点を当てた学会で、歯周病に関する学会の中では世界で最も権威のある学会です。

>>アメリカ歯周病学会(AAP)はこちら

Page Top

歯周病の原因

歯周病の原因

【食べかす】
歯周病(歯槽膿漏)の最も大きな原因は「食べかす」です。
アメリカのデータによれば、栄養のあまりない固いお肉と、柔らかくて栄養豊富なお肉を食べた場合、栄養のあまりない固いお肉を食べた方が、歯周病にかかりにくいという結果が出たそうです。
これは、噛むという行為が、歯にとっていかに大切かということを物語っています。
噛むという行為は、歯の周りの組織を丈夫にすることに繋がります。
したがって、固いものを噛めば、歯のまわりの汚れをも一緒に取り去るという「自浄作用」を生むことになります。逆に、柔らかいものだと、あまり噛まないで、飲み込んでしまいますので、歯と歯の間に食べかすが溜まりやすくなります。そして、その食べかすには栄養分が豊富に含まれているので、細菌にとっては恰好の栄養源になるというわけです。

【歯垢や歯石】
歯の周囲に付着する細菌性の歯垢や歯石が、歯肉と歯の根の間の、いわゆるポケットの中に侵入していき、その中で繁殖を繰り返すことによって、歯周病を進行させていきます。

【細菌】
細菌が歯肉や歯槽骨に炎症を起こし、その炎症をさらに進行させながら、細菌自体が増殖し、さらに、その細菌が組織を侵す攻撃力が強まり、歯周病が進行します。

【金冠やクラウンなどの被せ物】
金冠や陶材のクラウンなどを歯に被せたり、入れ歯をすると食べかすが溜まりやすい状態になります。または、歯肉の形態がデコボコしていたり、歯と歯肉の境目が窪んでいても、食べかすは溜まりやすくなります。

【全身性疾患】
血液疾患、高血圧、糖尿病などの全身性疾患が歯周病の原因になることがあります。またその他にも、ストレスなどの精神的なものや、ホルモンのバランスなどもこれに加わります。さらに、服用している薬、たとえばてんかんの薬とか、あるいはアレルギーやビタミン欠乏などもこの因子とみられます。
全身性の疾患にかかりますと、抵抗力がまず弱まって、炎症とか外傷とかを起こしやすくなります。

Page Top

歯周病の治療

歯周病は「治したい」という強い意志を持つことが大切です。 ホームケア 規則正しいお口の清掃 高い水準の治療 確かな技術、知識、経験 メンテナンス 定期的な健診
~歯周病治療は二人三脚です。~

歯周病を治していくには、患者様の頑張りが不可欠です。そして、私たち医療従事者がその頑張りに応えられるようにできるかぎりの治療を行っていきます。

上記の図のように、

  • ご自宅での正しいブラッシングの実施
  • 私たちが行わせていただきます「技術」「知識」「経験」に基づいた高い水準の治療
  • そして治療終了後のメンテナンス(定期的な健診)

この3つが成立して、はじめて歯周病が改善されていくのです。

1.ブラッシング指導

ブラッシング指導

現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解していただいた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療の第一歩です。

2.スケーリング(歯石除去)

スケーリング(歯石除去)

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しており、強い病原性を持っています。
一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。

3.フラップオペレーション

フラップオペレーション

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合にはスケーリングだけでは歯石を取り除く事が不可能です。このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させ歯石を取り除きます。

歯周病は痛みが無いために発見しづらいものです。
最低でも半年に1回は定期的にチェックを受け、進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3ヶ月のサイクルで来院され、安定した歯茎の状態を管理していくことが大切です。

詳しくは、当院までお気軽にご相談下さい。

Page Top

歯周病治療の流れ

いわたに歯科小児歯科  歯周病治療の流れ

初診日 歯周検査1(口腔内写真・レントゲン撮影・診断用模型)
カウンセリング
スケーリング片顎(上or下)
↓
2日目 スケーリング片顎(上or下)歯肉縁上歯石を除去します。
↓
3日目 歯周検査2
ごく軽度の場合は、このままメインテナンスへ。
↓
4日目 SRP(歯肉縁下歯石を除去します。麻酔を使用します。)
↓
5~9日目 通常、1口腔内6ブロックに分けて、丁寧に除石していきます。
最高で6日かかります。
↓
10日目 歯周検査3
ここで改善が見られれば、メインテンスへ移行です。

それ以降は中等度~重度の歯周病とみなされ、歯周外科処置または再生治療へと移行します。再生治療は保険がききません。再生治療とは、骨補填材、再生因子を用いた歯周外科処置のことです。
また、当院ではインプラント処置を希望される方に歯周病治療の必要性の有無を受診されることをおすすめしています。

Page Top